サラリーマンですこんにちわ!是非見てってください。


by jutbyqudje
 「6月24日公示−7月11日投開票」が固まった参院選の勝敗ラインを巡り、民主党内の足並みが乱れている。菅直人首相は04年参院選で獲得した「50議席」以上を掲げるが、現有議席を下回る低い目標に反発の声が上がる。菅内閣の発足を機に小沢一郎前幹事長の影響力が相対的に低下するなか、勝敗ラインの設定は参院選後の主導権争いとも深く関連するだけに、党内で駆け引きが続きそうだ。【高山祐、大場伸也】

 参院における民主党の現有議席は非改選62、改選54の計116議席。民主党は今回の参院選で60議席以上獲得すれば、単独過半数の122議席に達する。50議席では、国民新党が非改選3、改選3の現有6議席を守ったとしても与党で過半数に達しない。

 鳩山内閣では小沢氏が「60議席以上」を目標に掲げていたが、菅首相は8日の就任会見で勝敗ラインを「6年前、岡田(克也)代表の下の参院選でいただいた議席がベースになる」と下方修正した。

 これに対し、小沢氏に近い輿石東参院議員会長は11日、参院議員総会で「必ず単独過半数を目指す」と明言、前政権時に設定した「60議席以上」を守る考えを強調した。平田健二参院国対委員長も会見で「50議席が目標だという方もいるが、それでは駄目だ」と同調、菅首相を批判した。

 小沢氏側近は、菅首相には9月に予定される党代表選に向け勝敗ラインを引き下げ、責任論をかわす狙いがあると指摘。「参院選後も首相にとどまりたいという『保身』のための発言にほかならない」とけん制する。

 一方、枝野幸男幹事長は目標議席数の設定を避け、争点化の回避を模索する。細野豪志幹事長代理は「現有議席(54議席)は一つの基準になる」と述べるなど、執行部内でも意見が統一されていないのが現状だ。

<鳩山前首相>普天間移設の内幕語る 辞任後初のTV収録(毎日新聞)
父と小6次女が死亡か=店舗兼住宅で火災―愛知(時事通信)
菅首相の取材「1日1回」=官邸が内閣記者会に提案(時事通信)
痴漢容疑で自衛官逮捕=電車で女子高生触る―和歌山県警(時事通信)
無理心中で母親死なす、「介護疲れ」62歳息子(読売新聞)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-06-16 12:39
 路上で女性を襲い乱暴したとして、警視庁町田署は強姦の疑いで、東京都町田市本町田、会社員、北村正良容疑者(42)を逮捕した。同署によると、北村容疑者は「覚えていません」と容疑を否認している。

 同署によると、町田市内では同じ時期に、女性を羽交い締めにして乱暴する事件が他にも1件発生しており、関連を調べている。

 同署の調べによると、北村容疑者は4月下旬、同市内の路上で、10代の女性を羽交い締めにして建築現場に連れ込み、乱暴した疑いが持たれている。防犯ビデオに記録されていた車の画像などから、北村容疑者の関与が浮上した。

【関連記事】
強姦罪の被告、三度目の時効2日前に起訴
タクシー運転手が勤務中に住居侵入、強姦致傷
ポランスキー監督の新たな淫行事件を英女優が告白 
「子供じゃないから分かるだろ」女性乱暴の組長逮捕
障害者女性に乱暴容疑で生活支援員の男を逮捕 千葉県警
「はやぶさ」帰還へ

共同文書でオバマ氏、首相に「感謝」…電話会談(読売新聞)
<トキ放鳥>「若い方が適応早い」0歳4〜5羽も(毎日新聞)
<なるほドリ>次の首相はどう決まるの?(毎日新聞)
臓器提供の意思表示 運転免許証に表示(産経新聞)
野党4党 議長不信任案を提出 議運は上程せず(毎日新聞)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-06-07 13:28
【法廷ライブ SS元船長初公判】(8)

 《シー・シェパード(SS)の抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)が侵入した「第2昭南丸」乗組員で、酪酸による軽傷のやけどを負った男性に対する証人尋問が続いている。証人は、顔などに酪酸を浴びてシャワー室に行った後の様子を、はっきりとした口調で説明していく。ベスーン被告(45)は、視線を傍聴席や女性通訳の方に向けたりして落ち着かない様子だ》

 検察官「あなた以外にシャワールームで顔を洗った人はいましたか」

 証人「2人いました」

 検察官「そのときのシャワールームの状況は?」

 証人「全身に酪酸がかかっていたので酪酸のにおいですごかったです」

 検察官「ところでシャワールームに鏡はありましたか。自分の顔の様子は見ましたか」

 証人「はい。目が充血していて、両側のほおが赤くなっていました」

 《酪酸による“攻撃”を受けた被害者の男性が、生々しく自らの体験を語る。続いて、乗組員の中でもっとも被害が大きく、起訴状で負傷者とされた男性についての質問に移った》

 検察官「シャワールームに入った彼の顔を見てどう思いましたか」

 証人「ワッ! という感じでした。いつもとは顔つきが違っていて驚きました」

 検察官「どう違ったのか説明してください」

 証人「まぶたは充血、ほっぺも真っ赤で、ほっぺの真ん中は水ぶくれができていました。自分の状態と比べても全然違いました。いつもの顔と違って本当に痛そうな顔でした」

 《午前中の法廷でも顔写真が映し出された、酪酸で顔が真っ赤に腫れた男性乗組員。同じ被害者から見てもひどい様子だったことが分かる。ベスーン被告は、赤みがかった顔をして落ち着かない様子で、前屈みになったり、きょろきょろしたりして、多動な様子を見せている》

 検察官「あなたはシャワールームにどれくらいいましたか」

 証人「40分ぐらいです」

 検察官「その間、何をしましたか」

 証人「とにかく顔を洗え、との指示だったのでそうしました」

 検察官「40分間も洗い続けたのですか」

 証人「いったん洗っても痛みがぶり返すので、顔を鏡で確認したり洗ったりを繰り返しました」

 検察官「翌日は痛みは治まりましたか」

 証人「まだほっぺがざらざらしたり、ヒリヒリした感じが残りましたが、その次の日には治まりました」

 《痛みは2日後にようやく引いたようだ。次に証人が酪酸を浴びた際の服装や装備についての質問に移った》

 検察官「ヘルメットにはフェースガードがついていましたか」

 証人「はい。ついていました」

 検察官「フェースガードで顔全体が覆われていましたか」

 証人「そのときは上くちびるまでしか降ろしていなかったです」

 検察官「なぜ下まで降ろしていなかったのですか」

 証人「ふだんから下まで降ろしていなかったというのと、下まで降ろすと圧迫されて息苦しいような気がするので」

 《検察官は、男性が酪酸を浴びた際、フェースガードを一番下まで降ろしていなかったことを明確にしようとした。続いて、酪酸を浴びたときの様子を再現した際の服装の写真が、検察官から裁判長や弁護側に配られた》

 検察官「今年2月11日に酪酸を浴びたときの服装はこの通りですか」

 証人「はい」

 検察官「着ているヘルメットやカッパは事件当日のものと全く同じものですか」

 証人「違います。(現物の)ヘルメットは海上保安庁が証拠として持っていったと聞きました。着ていたカッパは、においがとれなくて着られなかったので船上で焼却処分しました。ヘルメットもくさかったですが、予備がないのでよく洗いました」

 《酪酸のにおいの強さとしつこさを物語るエピソードだ。続いて、SS鎮圧用に乗組員が装備している、圧縮空気で水を発射するインパルス銃のタンクの中身などについて質問していく。SSは、インパルス銃から発射された催涙成分を含む水が、乗組員のやけどの原因だと主張している》

 検察官「あなた方のやけどの原因について、インパルス銃の催涙成分が原因と言っているのは知っていますか」

 証人「はい。知っています」

 検察官「あなたのインパルス銃には催涙成分は入っていますか」

 証人「入っていません。真水です。タンクの中に水を入れるのは目の前で確認しています」

 検察官「あなたが撃ったインパルス銃が、最も被害の大きかった男性にかかった可能性はありますか」

 証人「ないと思います」

 《検察官は、インパルス銃がやけどの原因とするSSの主張を真っ向から否定する構えを見せた》

 =(9)に続く

【関連記事】
【法廷ライブ】(1〜)職業は「キャプテン」「傷害の意図なかった」 SS元船長初公判ライブ 
SS元船長初公判 APなど外国メディアが速報 
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」 
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 
SS船長初公判 笑顔を浮かべる余裕も 入廷のベスーン被告

里見香奈女流名人の妹・咲紀さん、無敗で予選切符…将棋マイナビ女子オープン(スポーツ報知)
路上で3人、刃物で負傷=「母親にやられた」と男性―京都(時事通信)
お年寄りを救出した女子高生らに感謝状(産経新聞)
野良猫餌やり訴訟、加藤九段が控訴断念の意向(読売新聞)
<EV>充電なしに1003キロ 世界最長記録ギネス申請へ(毎日新聞)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-05-28 13:46
 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部から事情聴取に応じるよう要請されている小沢氏側は14日、特捜部に対し、15〜17日の間に聴取を受けると回答した。

 同じく聴取要請を受けている元秘書3人のうち、陸山会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)と池田光智被告(32)も近く聴取に応じる方針。

 小沢氏側の関係者によると、小沢氏は18日に山口県を訪問する予定で、その前に聴取を受けたいとの意向を示した。小沢氏側は特捜部に、聴取は2、3時間にとどめることを求め、了承が得られたという。

 特捜部は2月4日、小沢氏を、同法違反で起訴された石川被告らとの共謀について嫌疑不十分で不起訴とした。だが、これに対する審査申し立てを受けた東京第5検察審査会が4月27日、「起訴相当」と議決したことを受け、今月12日に小沢氏と元秘書3人に聴取を要請した。小沢氏は特捜部の聴取や衆院政治倫理審査会の場で自らの潔白を証明したいとの意向を示しており、1月以降3度目となる今回の聴取でも事件への関与を全面否定するとみられる。

 陸山会の元会計責任者・大久保隆規被告(48)については、西松建設からの違法献金事件で公判中のため、弁護人が、聴取内容について特捜部との調整が必要としており、近く聴取に応じるかは不透明だ。

正面衝突19年、信楽高原鉄道とJR西の社長出席し法要(産経新聞)
「望まれる在宅看取りの条件」、ケアマネらが勉強会(医療介護CBニュース)
「天然塩」「ミネラル豊富」はダメ 表示ルール化「誇大表示になりがち」改善(産経新聞)
田島みわ氏が三社祭で始動(スポーツ報知)
妻から病腎移植の男性死亡 宇和島徳洲会病院で3月手術(産経新聞)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-05-19 17:52
 米軍普天間基地の移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相が総選挙の時に打ち出していた「(移設先は)最低でも県外」という方針は、事実上反故にされることが確実になった。現地からは「公約破り」との声もあがっているが、首相は今になって「発言は党としての公約ではなかった」と主張する始末だ。この問題での鳩山首相の「ウソ」を検証してみた。

 鳩山首相は、民主党の代表として総選挙で勝利をおさめる前の09年8月の段階では、街頭演説などで

  「基本的には県外、できれば国外」

などと繰り返してしていた。

■政権獲得以来「県外」を何度も発言

 政権を獲得して首相になった後の9月24日にも、普天間問題について

 「基本的な私たちの考え方を変えるつもりはない」

と言明。やはり、「県外、できれば国外」という立場だ。

 移転候補地についての「ぶれ」が目立つようになるのは、この後だ。11月14日のオバマ大統領に対する「『トラスト・ミー』発言」を経た12月4日には、「当然のことながら辺野古(への移設案)は生きている」と発言。県内移設の可能性を示唆しだが、11日後の12月15日には、「やはり、辺野古ではない地域を模索する。そして、できれば決めるという状況を何としても作り上げていきたい」と一転、「県外」に含みを持たせた。

 年が明けた3月19日には、「県外は難しいけれども、当然沖縄の県民の気持ちからすれば(県外が)望ましいという気持ちを大事にしたい」。迷走はさらに続き、3月31日の党首討論では、「腹案を持ち合わせている。現行案と同等か、より効果のある案だと自信を持っている」と発言。

 4月24日には

  「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒涜」

とまで述べたが、結局5月4日には

  「沖縄の皆さんに負担をお願いしなければならない状況であることを、改めて申し上げなければならない」

と県内移設を表明するに至っている。

■「政府案3月中に提示する」はどうなった

 移設の時期についても「ぶれ」は同様で、09年12月25日の記者会見で、記者から

  「5月末までに移設先を必ず確定させる考えはあるのか」

と問われ、

  「5月までに、新しい移設先を含めて決定していきたい」

と、「5月末」の期限を設定。この期限から逆算する形で、

  「3月中のいずれかの時点では、政府の考え方をまとめなければ」(3月4日)
  「3月いっぱいをメドに、政府案をまとめる努力をしている」(3月26日)

と、政府案が3月中に提示されるとの考えを繰り返した。

 ところが、結果的にこれも「ウソ」だった。結局、政府としての案が正式に発表されたのは、鳩山首相が沖縄を訪問した5月4日だった。

■県外移設は「個人の発言」と強調

 ところが、鳩山首相は、自身の発言を「ぶれ」とか「ウソ」とかだとは感じていない様子だ。5月4日夕方には、

  「(県外移設は)『党としては』という発言ではなくて、私自身の『代表としての』発言。その自分の発言の重みは感じている」

と、「個人の発言」であることを強調。確かに民主党のマニフェストには

  「日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」

としか書かれていないものの、前出の09年9月24日の発言をとってみても、県外移設について「基本的な私たちの考え方」と述べており、少なくとも鳩山首相の個人の考えにとどまらないことは明らかだ。その意味でも牽強付会、一種のウソともいえる。

 5月6日には、記者から

  「国民からすべての発言が場当たりに聞こえるんですが?」

と指摘されても、首相は

  「場当たりな発言は一切しておりません。公約というのは(民主)党の公約。『最低でも県外』と言ったのは、自分自身の発言」

と、同様の主張を展開するにとどまっている。

 5月末までに、政府案決定ができる可能性は、はたしてあるのだろうか。


■関連記事
鳩山首相沖縄を訪問 普天間「すべてを県外に移すのは難しい」 : 2010/05/04
普天間基地移設先に「テニアン島」? 北マリアナ連邦が積極誘致へ : 2010/04/28
普天間移設 「辺野古桟橋と徳之島」で政府案調整 : 2010/04/29
ユニクロ「NEWブラトップ」 新CMに山田優を起用 : 2010/05/06
パイロット「憧れの職業」 人気トップテンから陥落 : 2010/04/30

「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明(産経新聞)
<築地市場>マグロ競り、見学再開(毎日新聞)
移設あくまで国外・県外…社民、連立離脱論も(読売新聞)
谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱」 兵庫・西宮 珈琲屋ドリーム(産経新聞)
雑記帳 「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-05-12 14:31