サラリーマンですこんにちわ!是非見てってください。


by jutbyqudje
 厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」(座長=永井良三・東大大学院医学研究科教授)は3月19日、第11回会合を開き、委員から集約した意見や関係者からのヒアリングを基に、最終的な報告書案「チーム医療推進について(案)」を取りまとめた。報告書案には、保健師助産師看護師法(保助看法)にのっとったこれまでの看護師業務を拡大し、チーム医療を推進するキーパーソンとして医師の「包括的指示」の下、一定の医行為を行う「特定看護師」(仮称)を創設することが盛り込まれた。特定看護師の養成に必要な教育と評価のあり方、実際に想定される医行為の例なども示されている。ただ、医療安全の確保の観点から法制化する必要があるかどうかについては、委員の間で最後まで意見が分かれた。

 会合では、前回出された素案を基に、最終的な取りまとめに向けた議論が交わされた。報告書案では、特定看護師の扱いについて、「当面、現行の保助看法の下において、医療の安全の確保に十分留意しながら特定の医行為を実施することを原則とする内容の試行を行うことが適当」とし、試行の結果を検証した上で「法制化を視野に入れた具体的な措置を講じるべき」としている。
 これについて、検討会メンバーの羽生田俊氏(日本医師会常任理事)が意見書を提出して反論。「法制化によって、特定の医行為が特定看護師の業務独占となった場合、むしろ看護師の業務縮小であり、看護師で対応している地域のチーム医療は崩壊する」として異議を唱えた。これに対して山本隆司氏(東大大学院法学政治学研究科教授)が、「医療の安全を考える上でも法制化は必要」と指摘。また、他の委員からも「まずは現場の実態調査を」「試行でできるだけエビデンスを得た上で、法制化を検討してみては」などといった意見が出され、法制化については最後まで意見が分かれた。

■看護師の「医行為」実態調査へ

 こうした議論を踏まえて、厚労省の事務局が文言の修正を行い、最終的な報告書としてまとめる。また、来年度の早い段階で、特定看護師が行う業務の範囲や要件などについて話し合う検討会を設置するとともに、現行法でグレーゾーンとなっている看護師の「医行為」に関する実態調査を行う方針だ。


【関連記事】
「日本版NP」創設を―日看協が初の統一見解
看護師の業務拡大「大きく動き出した」―医福労部会
「一つの山越えた」―「特定看護師」創設で草間学長
「特定看護師」創設、モデル事業実施へ
現行法の解釈で業務範囲拡大を―チーム医療協議会

外交文書「30年で公開」、外務省が規則制定へ(読売新聞)
路上に男性変死体、殺人で捜査 手縛られ頭部打撲跡 国分寺(産経新聞)
リフトの支柱に衝突、スキー大会で男性死亡(読売新聞)
【揺らぐ沖縄】「少数の反対意見、独り歩き」(産経新聞)
<共産党>米原潜の寄航を問う質問主意書提出 志位委員長(毎日新聞)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-03-23 12:55
 ■デビュー作に“共感”広がる

 大学ではダンスサークルに所属しているという。軽く色を抜いて整えた髪に、ラフな服装。田舎の県立高校を舞台にした青春小説「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞(集英社主催)を受賞した早稲田大学3年、朝井リョウさん(21)は「普通の大学生なんです」と人なつっこく笑う。2月に発売した単行本は約1カ月で10万部の発行が決まり、読者の間に共感を広げている。

 男子バレー部主将の桐島が部活を辞めたことをきっかけに、他部の生徒の生活に思わぬ“ずれ”が生じ始める。学校内の階層意識、恋愛、モラトリアムの気ままさと鬱屈(うっくつ)…さまざまな事情を抱えた少年少女5人が、本編には直接登場しない桐島を通じてリンクしていく構成が光る。

 創作を始めたのは6、7歳のとき。中学生になって青春小説を書くようになった。「ミステリー小説も大好きだった。(デビュー作は)青春小説とミステリーが合わさったようなものを意識した」という。

 高校時代はバレー部で活躍した。「とにかく目立ちたがり屋だった」と語るが、「どこかで学校という世界を俯瞰(ふかん)している部分はあったし、小説を書く根暗な部分も持っていた」とも振り返る。作品ではクラスの目立つ男子と地味な男子の対比が象徴的に描かれているが、作者自身の“2つの目線”が反映されているのだろう。

 来年は就職活動を控えている。「このまま書き続けていくと底を尽きてしまう気がする。人と会うことが好きだし、社会に出ていろんなことをインプットしてからアウトプットしたい」と先を見据える。

 単行本発売直後、女子高生の読者から初めてもらったファンレターには、バレンタインデーのチョコレートが添えられていたという。「過去の自分のような人がいて、共感してくれたことがすごくうれしい。(手紙は)一生取っておきたい」と照れくさそうに笑った。(三品貴志)

<抑留議連>抑留者への特別給付金支給 今国会で成立目指す(毎日新聞)
<都立国分寺高>入試で出題ミス、3人を追加合格(毎日新聞)
女性殺害の「別れさせ屋」に懲役15年(読売新聞)
<トキ襲撃>ケージのすき間にテンの毛(毎日新聞)
美術館庭園で満開の菜の花=千葉県佐倉市〔地域〕(時事通信)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-03-19 01:11
 1995年のナトリウム漏れ事故で運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の耐震安全性を検討する専門家の委員会が11日、経済産業省で開かれ、「耐震安全性は確保されている」とした同省原子力安全・保安院の報告書を大筋で了承した。近く、正式な報告書をまとめ、国の原子力安全委員会で審査する。 

【関連ニュース】
原発利用を明記=温暖化対策法案に
政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ
「排出口詰まり逆流」=放射性廃液漏れの調査結果
もんじゅ再開へ申し入れ=試験運転計画書も提出
安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」

<参院選>公約策定で政府、党が主導権争い(毎日新聞)
「被害者にどうしたらいいか考えて」加藤被告に反省促す証人(産経新聞)
11年度引き下げに意欲=中小企業の法人税−仙谷国家戦略相(時事通信)
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件(産経新聞)
彬子さまが米国へ出張(時事通信)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-03-17 12:05
 シー・シェパード(SS)のメンバーが日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に違法侵入した事件で、艦船侵入容疑で逮捕されたSSの抗議船「アディ・ギル号」船長のピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍=が、日本人乗組員が侵入に気づく1時間以上前から第2昭南丸に乗り込んでいた可能性があることが13日、関係者の話で分かった。

 ベスーン容疑者が甲板上でSS側と連絡を取り合ってから、船室に入る様子が上空から撮影されていることも判明。撮影は、SS側が正当性をアピールする目的で行われたとみられ、SS側の撮影準備が整うのを待って船室に立ち入った可能性もある。

 海上保安庁はベスーン容疑者の侵入経路のほか、約1時間にわたる甲板上での行動状況についても詳しく調べている。ベスーン容疑者は、侵入の際に手首にけがを負っており、第2昭南丸の甲板上にはベスーン容疑者のものとみられる血痕もあったという。

 海上保安庁によると、ベスーン容疑者は日本時間の2月15日朝、第2昭南丸の防護ネットを切って侵入。日本人乗組員に、衝突し大破したアディ・ギル号の損害賠償を請求する書簡を手渡したという。ベスーン容疑者は、「侵入したことは間違いない」と容疑を認めている。

                   ◇

 横浜港に入った第2昭南丸について、東京海上保安部は13日、ベスーン容疑者を立ち会わせて、侵入経路やその後の船内の行動などについて実況見分した。

 実況見分は、東京海上保安部の保安官ら約50人態勢で実施。第2昭南丸の乗組員も立ち会い、侵入経路となった船首部分を中心に当時の状況の確認を進めた。

 東京海上保安部の施設で一夜を明かしたベスーン容疑者は13日も特に変わった様子はなく、コロッケやコッペパンなどの食事を取ったといい、調べにも素直に応じているという。

大阪市雇用対策事業 受託会社が日誌改竄か(産経新聞)
小沢氏、内閣・民主支持率低下でも「参院選とは別次元」(産経新聞)
<自民>執行部体制一新 山本有二氏ら要請(毎日新聞)
スキー場で雪崩、1人巻き込まれる=同行男性から110番−山形・蔵王(時事通信)
歯科技工士を続ける上での問題点、「低賃金」が最多(医療介護CBニュース)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-03-16 00:44
 9日に覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕された中村耕一容疑者(59)がボーカルを務めるJAYWALKは、昭和55年に結成し、翌年デビューしたロックバンド。当初のバンド名は「J−WALK」だった。

 ライブを中心に地道に活動を続けていたが、平成3年に発表した「何も言えなくて…夏」がミリオンセラーを記録する。翌年、第34回レコード大賞ゴールドディスク賞を受賞。5年には第44回NHK紅白歌合戦に出場し、国民的バンドに成長した。現在のメンバーは6人。

 今年2月、結成30周年を飾る第1弾シングル「空と雲のように」を発売。5月からは全国ツアーを行う予定だった。

 ほかに、平成6年公開の映画「とられてたまるか!?」の主題歌「見つめていたい」や、NHK土曜ドラマ「流通戦争」の主題歌に起用された「心の鐘を叩いてくれ」などの代表曲がある。

【関連記事】
深刻な芸能界の薬物汚染 またも覚醒剤取締法違反で逮捕
JAYWALKのボーカルを逮捕  路上で覚醒剤所持の疑い
罰ゲームは死の覚醒剤焼酎 元組員「合法ドラッグ…飲ませた」
自宅にアノ興奮?激やせ小向美奈子が激白
田代まさし、志村けんに楽屋で3度も土下座!

<JR高円寺駅>男性が転落、はねられる(毎日新聞)
自宅のゴミの山に…母の遺体1年間放置 41歳「年金ほしさ」(産経新聞)
カピバラ、リスザルも盗む=ペット店店長追送検−長崎県警(時事通信)
偽造乗車駅証明で何回もキセル…コンビニ経営者(読売新聞)
外国人が住む町 歩み寄りなく遠い「共生」(産経新聞)
[PR]
# by jutbyqudje | 2010-03-11 13:27